本当に太っていますか?

加圧トレーニング&骨盤矯正&リンパマッサージを兼ね備え、毎日履いてるだけで美脚が目指せる話題の美脚スパッツ! 14日間で美脚を目指せる

リンパマッサージセルライトスパッツ モニター特価はコチラ




あなたのふくらはぎ、本当に太っていますか?

ふくらはぎダイエットをしている人の中には、モデルようにほっそりとした
ふくらはぎを持っている方が稀にいらっしゃいます。

 

 

それだけ細ければ、これ以上ふくらはぎを細くする必要はないのでは?
って思ったりもするのですが、そういう人たちはある種の脅迫観念に
晒されているのでしょうね。

 

 

ダイエットをしようと思っていたり、すでにダイエットをしている人の中には
見た目はほっそりしているのに、実は体脂肪が多いという、いわゆる隠れ
肥満の人や、実は引き締まった素晴らしいふくらはぎにも関らず、見た目
で太って見えるということで痩せたいと思っている人もいます。

 

 

はっきりいって、太っているとか痩せているというのは、その人の主観
なので、見た目や体重だけでは判断しづらいものですよね。

 

 

周りから客観的にみていれば、痩せているような人でもその人の中では
とっても太っていると思い込んでいる場合もありますよね。

 

 

では、太っているとか痩せているというのはどういう基準で判断をすれば
いいのでしょうか?

 

 

 

現在よく使われているのが、身長違いによる誤差が少ないといわれる
BMI法というのが国際的にも広く使われている判断手法です。

 

 

MBI法というのは、Body Mass Indexの略でいわゆる肥満かどうかを判断
する方法。

 

 

  体重(s)/身長(m)2乗=BMI

 

 

という計算式になっています。
その数値が18.5以上25未満であれば標準で、18.5未満であれば
痩せすぎ、25以上であれば肥満と判定されます。

 

 

最近は体脂肪計などが手軽に買うこともできるようになりましたら、
このような計算をしなくても体脂肪計で量ることもできますよね。

 

 

ちなみに体脂肪率の一般的な見方としては、体脂肪率が20〜25%
であれば標準で20%未満だと痩せている、25%以上だと太り気味と
いうことになります。

 

 

芸能人などが体脂肪率が1桁などと自慢をしていることもありますが、
女性の場合は特に、ある程度の脂肪というものは体調を整えるため
にも必要なことです。

 

 

こういった数値を目安にしながら、あまり自分を追い込み過ぎないような
ふくらはぎダイエットを行うことが重要ですよ。

 

 

 


太ももがマイナス5p!驚きの美脚の創り方
太ももがこんなに簡単に細くなるとは、最初はまったく
思わなかった!

太ももが細くなった画像がコレ!